News
薬を飲む女性

アレルギーによる症状は鼻炎や皮膚炎に留まらず、気管支炎、結膜炎といった様々な部位で起こります。
これらの疾患を抑えるために利用されているのが、主たる原因物質とされるヒスタミンを抑制する抗ヒスタミン剤です。
この薬には、成分の脂容性の高さから中枢神経に作用して眠気を起こす副作用や薬価の問題がありました。
治療薬としての服用に疑問視されることも多く、処方を見送る医師も少なからずいたようです。

そこで、副作用を大きく軽減することを主眼に置いて開発されたのがザイザルです。
第一世代の抗ヒスタミン薬から改善を求められ、第二世代に入っても効果を重視して眠気を誘発する他の薬とは違うのです。
ザイザルは強力な抗ヒスタミン作用を起こすセチリジン塩酸塩から、眠気を取り除いたものです。
成分名をレボセチリジン塩酸塩と言い、眠気が起こらない薬として開発されています。
また、第一世代の抗ヒスタミン薬のように喉が渇いたり、排尿障害のような副作用もありません。

本来ならば効き目が強い薬ほど、副作用も強くなる傾向にある薬なのです。
ですが、ザイザルは副作用だけを取り除いた薬となるので、眠気がなく十分な効果を発揮する抗アレルギー薬とされています。
他の抗アレルギー薬にないこの特徴こそが人気の理由の一つです。

医師が薬を処方する際に考えることは、薬効の強さも重要ですが、患者の負担が少ない薬であるかどうかです。
ザイザルはアレルギーに対しての効果は強いままで、副作用は少なくなっています。
その特性から、医師が最も選びやすい薬であることは間違いないでしょう。
重症の患者や薬剤アレルギーで利用できない場合などは、当然ながら別の選択をします。

花粉症の薬として、日常的に服用する必要があるのであれば、眠気が少ない薬を選ぶでしょう。
また、ザイザルでは持続時間の長さから、1日1回の服用で良いというメリットもあります。
なので、飲み忘れがないことも重要なポイントの一つとなっています。
花粉症やアレルギー性の様々な症状に適応するだけでなく、かゆみの軽減といった幅広い効果からも、医師や患者がザイザルを選ぶ人気の理由となっています。

安くザイザルを手に入れるなら通販がおすすめ

人の体内に異物が入ると、それが抗原となり、免疫細胞の抗原レセプターと結びつきます。
人によっては免疫系の細胞からヒスタミンをはじめとする化学物質が過剰に放出されます。
そして、この過剰に放出されたヒスタミンはある種の神経受容体(H1受容体)と結びつき、様々なアレルギー反応を引き起こします。
ザイザルはヒスタミンの受容体をブロックしてアレルギー反応を抑えます。
花粉症などのアレルギー性鼻炎や蕁麻疹、湿疹、皮膚のかゆみに効果があります。

ザイザルの薬価は1錠(5mg)約105円です。
病院の処方箋によって処方される薬ですので、調剤薬局で処方してもらうと、技術料などもかかります。
花粉症が始まる前から予防的に飲みたいと思い、安く手に入れようと思うなら通販で個人輸入をするのがおすすめです。
信頼性や口コミなどの評判が良いので、あんしん通販マートでザイザルを通販すると良いでしょう。

またインドは国際特許条約に未加入なので、インドの製薬会社では特許期限が来ていない商品もジェネリック医薬品として製造販売されています。
なので、それを専門の信用できる個人輸入の会社を通して購入できるのです。
ザイザルのジェネリック医薬品ならさらに薬価が安く購入することもできます。

例えば、エイズにかかったとして、その治療薬を先発メーカーの商品を使うと発展途上国の人は、その薬代が払えません。
そのために、インドの製薬会社で生産されたジェネリック医薬品が国境なき医師団で使われ、先発メーカーも黙認をしているのです。
ザイザルもそのような理由で、インドの製薬会社にて先発医薬品に比べてはるかに薬価が安く製造されています。
長い販売歴があり、主要薬品には品質鑑定書が付いている個人輸入会社を選びましょう。
信頼できる個人輸入の会社を通して安くザイザルを手に入れるのも一つの選択肢と言えるのです。

ザイザルはお酒と一緒に飲んでも大丈夫!?

結論から言えば、ザイザル服用時にはお酒を飲めないことはありません。
アルコールを多く含むお酒を飲んだからと言ってザイザルの効果に影響は及ぼしません。
しかし、アルコール摂取時の相互作用には注意しなくてはなりません。

スギ花粉症とヒノキ花粉症は毎年3月から4月にかけて症状のピークを迎えます。
このころになると桜の花見や歓送迎会でお酒を飲む機会が増える季節です。
花粉症のアレルギー対策としてザイザルを服用していることもあるでしょう。
例えば、アルコールを摂取することで血管が拡張しやすくなります。
花粉症の時期に鼻炎の症状がある場合には鼻粘膜が肥厚しており、そこには大量の血管が通っています。
その血管が拡張してしまうと鼻粘膜の肥厚はより激しくなり、鼻づまり感を余計に感じるようになるでしょう。

また、アルコールを摂取するとノドの水分が蒸発してしまいます。
するとノドの防御機能が低下してしまい、ノドが傷ついて過敏になりやすくなります。
そうするとぜんそくが悪化しやすい状態となります。

そしてザイザルは、眠気やふらつきや注意力の低下という副作用が起こることがあります。
アルコールを摂取すると余計にこのような状態になりやすく、ザイザルの副作用を悪化させる危険性もあるのです。
このように、アレルギー症状に悪影響を及ぼしたり、アルコールとの相互関係上良くないことがあるので、お酒はほどほどにした方がいいでしょう。

記事一覧

近年は海外の食文化が沢山日本にも入ってくるようになったため、香辛料を使用した食事に出会う機会も多くな...

秋は絶好の観光シーズンです。 登山も秋の時期になると木々の紅葉など美しい景色を見ることができ大変魅力...

寿司は代表的な日本食であり、海外でも高い認知度と人気を誇っています。 しかし、寿司を食べて急に皮膚に...

肉は今や人間の食事には無くてはならない食材となっています。 コレステロールの摂取過多から生活習慣病を...

花粉症やアレルギー性結膜炎の症状には、目のかゆみや白目の部分の血管が拡張する「充血」などがあります。...

ザイザルは今や日本で最も使用されている抗ヒスタミン剤の1つと言っても過言ではありません。 2010年...

アレルギーや蕁麻疹などで病院でよく処方される薬にザイザルとアレグラがあります。 第二世代抗ヒスタミン...