• ホーム
  • ザイザルは第二世代抗ヒスタミン薬

ザイザルは第二世代抗ヒスタミン薬

マスクをかける女性

アレルギーや蕁麻疹などで病院でよく処方される薬にザイザルとアレグラがあります。
第二世代抗ヒスタミン薬であるザイザルとアレグラは、副作用が起きにくい特徴があります。
効果が長時間続くので1日1回の服用で良いという利便性から、処方される機会が多い抗ヒスタミン薬です。
抗ヒスタミン薬には第一世代抗ヒスタミン薬と呼ばれるものがあります。

現在はどちらもが処方されているのですが、第一世代と第二世代の違いはどこにあるのでしょう。
第一世代抗ヒスタミン薬は水に溶けづらいため、服用した際に脳へ薬の成分が届きやすいという性質があります。
その結果、脳の視床下部や中枢神経にも影響を及ぼすため、作業に集中できない、眠気が起きやすいという副作用がありました。

第一世代抗ヒスタミン薬の集中力の低下や眠気を抑えた薬として開発されたのが、第二世代抗ヒスタミン薬です。
集中力や眠気に影響を及ぼしにくいため、仕事中や車の運転をする人に選択されるのは第二世代抗ヒスタミン薬です。
しかし、薬を飲むことによる効果は、第一世代抗ヒスタミン薬の方が強く、第二世代抗ヒスタミン薬は効果が弱いと言われています。
同じ第二世代抗ヒスタミン薬でも、副作用として眠気が出るものの方が痒みや鼻詰まりなどの症状を抑える効果は高いのです。

そして、その弱点を克服したのがザイザルとアレグラです。
ザイザルとアレグラは第一世代抗ヒスタミン薬の効果を保ちながら、眠くなる成分だけを排除した薬です。
特に眠気が全く出ないと言われているアレグラはパイロットや運転手などが一番に選択する抗ヒスタミン薬となっています。
ただし、眠気に関しては個人差が大きく、全般的に眠気などの副作用の報告は低下しています。
とはいえ、第二世代抗ヒスタミン薬の方が眠気が少ないという人もいれば、逆に眠くなるという人もいます。

サイト内検索
人気記事一覧