• ホーム
  • ザイザルは経済的で目が赤くならない

ザイザルは経済的で目が赤くならない

花粉症やアレルギー性結膜炎の症状には、目のかゆみや白目の部分の血管が拡張する「充血」などがあります。
充血は目の炎症反応ですが、これが起こると目が赤く見えるので気になる人も多いことでしょう。

そのような、アレルギーが原因で起こる目の充血を治すのに有効な薬として、ザイザルがあります。
ザイザルはヒスタミンH1受容体への拮抗作用を持つ薬で、主成分はレボセチリジン塩酸塩です。
ザイザルは眼科を受診して花粉症やアレルギー性結膜炎だと診断された時に処方されることがあります。
健康保険適用で買える薬なので、経済的に目が赤くなる充血の症状を治すことが出来ます。

また、眼科で花粉症やアレルギー性結膜炎の診断を受けた時には、ザイザルとは別の種類の抗アレルギー薬が処方されることもあります。
点眼薬を同時に使ってアレルギー症状を抑える場合もあり、どの薬を選ばれるかは患者さんの症状の強さを診察した医師の判断によります。
花粉症やアレルギー性結膜炎の治療としてザイザルを飲む時に気をつけた方が良いことは、副作用で眠くなる場合があるということです。
ザイザルはアレルギー性疾患を治療する効果が同じくらい強い他の薬に比べて、眠気の副作用が出にくい方の薬とされています。
副作用は人によって起こる強さが変わってくるので、念のためにこの薬を飲んだ時は、車の運転や高い所での作業などの危険を伴う行動を避ける方が無難です。

それから、目の充血を治したい人で原因がアレルギーの場合には、鼻水やくしゃみ、鼻づまりなどのアレルギー性鼻炎を同時に起こしていることも多くあります。
その場合、ザイザルはアレルギー性鼻炎にも効果がある薬なのです。
眼科でアレルギー性結膜炎の治療のためにこの薬をもらったら、鼻炎の症状も一緒に治せるのが便利な所と言えます。