• ホーム
  • 増える肉アレルギーにもザイザルは対応?

増える肉アレルギーにもザイザルは対応?

肉は今や人間の食事には無くてはならない食材となっています。
コレステロールの摂取過多から生活習慣病を引き起こすなど肉の摂取にネガティブな意見もあります。
基本的には栄養豊富で人のタンパク源としては理想的な食材と言えます。
しかしながら、近年肉の摂取によってアレルギー症状を引き起こす人が増えてきているようです。

特にアメリカにおいては顕著に増加してきているようです。
そのアメリカで起こっている肉アレルギーの発症にはマダニが関与しているという説があります。
マダニは近年日本でSFTS(重症熱性血小板減少症候群)の発症に関与するとして注目されたダニの一種です。
このマダニの唾液中には赤肉に含まれるアルファガルと呼ばれる炭水化物を含んでいます。
それに対して人は抗体を作り、肉を摂取した際にアレルギー反応を起こすのではないかと言われています。
症状には軽症から重症のものまで様々です。

軽症の場合にはじんましんや皮膚のかゆみといった症状が現れます。
しかしながら重症となると、呼吸困難、血圧低下、意識消失といった症状を伴う場合があります。
重症化した場合には、昇圧剤やステロイドの投与といった救急処置が必要となるため病院で処置する必要があります。

しかし軽症の場合はザイザルの服用が有効となります。
ザイザルは食物アレルギーの症状を引き起こすヒスタミンが体内で働かないようにする薬です。
肉アレルギーも通常の食物アレルギーと同じメカニズムで起こるためヒスタミンが症状の発症に絡んでいます。
ザイザルを服用することでその症状を抑制、予防することができます。
ザイザルは1日1回の服用で1日効果が持続する薬であるため非常に使い勝手のいい薬となっています。
ぜひザイザルを試してみましょう。