• ホーム
  • 寿司食べて痒くなり皮膚科に行ったらザイザル?

寿司食べて痒くなり皮膚科に行ったらザイザル?

寿司は代表的な日本食であり、海外でも高い認知度と人気を誇っています。
しかし、寿司を食べて急に皮膚にかゆみを感じたりしたことがある方もいるはずです。
これはもしかしたら食物アレルギーかもしれません。
寿司の中では特に青魚のものでアレルギー症状が出るケースが多いです。

この食物アレルギーはI型アレルギーに分類されます。
これはアレルゲンの侵入によって肥満細胞からヒスタミンが放出され、そのヒスタミンが全身に作用を及ぼすことでアレルギー症状が現れます。
皮膚のかゆみが起こるメカニズムに関してですが、皮膚には多数の神経線維が通っており、この中でC繊維という神経にヒスタミンの受容体が存在します。
その受容体を食物アレルギーによって放出されたヒスタミンが刺激すると、神経の興奮が起こり、大脳に興奮が伝達されます。
その興奮を大脳がかゆみだと認識し、かゆくなるのです。
よってこのようなかゆみを抑えるためにはこの一連のメカニズムのどこかを阻止する必要があります。

そこで有効となるのがザイザルです。
ザイザルは抗ヒスタミン剤と呼ばれるアレルギー性疾患治療薬です。
アレルギー性鼻炎、アトピー性皮膚炎、アトピー咳嗽など様々なアレルギー性疾患の治療に応用されています。

ザイザルの有効成分レボセチリジンはC繊維に存在するヒスタミン受容体に結合し、食物アレルギーで肥満細胞から放出されたヒスタミンが受容体に結合できないようにします。
これによってかゆみの信号を大脳に届けることができなくなるため、食物アレルギーのかゆみの症状を軽減することができるのです。
アレルギー体質の方はあらゆる食べ物でアレルギーが起こる可能性が高くなります。
いざという時のためにザイザルを持っておくと便利でしょう。

サイト内検索
人気記事一覧